出口が見えるまで、お付き合いします。

ひろかものセッションは、脱出ゲームです
illust. by 猫エンジンsan

「脱出ゲーム」というジャンルをご存知でしょうか?

主人公であるあなたは、いつの間にか見知らぬ部屋にいて、窓やドアがあっても鍵がかかっていて出られない。部屋の中には机やロッカーなどがあり、こちらも大抵は開かない。

植木鉢やゴミ箱、壁に掛かった額縁など、怪しそうなところをクリックしていくと「ヒント」や「鍵」が見つかる。そこからまた新たなエリアやアイテムを発見して……と謎解きを繰り返していくうちに「出口」が見つかって脱出成功! ゲームクリア!

この出口が見つかった時の達成感と爽快感がたまらんのですが、まーー大抵途中で詰まり、攻略サイトのお世話になりまくりです。笑

そりゃ最後まで自力で辿り着ければサイコーだけどさ、いいじゃん助けてもらっても!!

それがゲームじゃなくて、リアルな「お悩み」からの脱出なら、なおさら。

出口が分からず、一人でグルグルと同じところをさまよい続けるのって、しんどくないですか?

そのしんどさを乗り越えることで成長できる!……のかもしれないけれど、せめて「うっすら出口らしき光」が見えてるほうが、がんばれる気がしません?

わたしが提供する個人コンサルテーションは、いきなり「ハイ、ここが出口です」のようなネタバレはないです。というか、出来ません。代わりに、

あなたと一緒に密室の中を探検し、ヒントや鍵を見つけ、出口への手がかりを明らかにします。

ご本人であるあなたが繰り返し口にするフレーズや無意識のジェスチャー、直感で選ぶボトルやカード、生年月日やお名前の数は、有力な「暗号」となります。わたしはその暗号を解読し、日本語に変換できるスキルを持っています。

が、そのメッセージが本当に意味するところは当人にしか分からない、というのがミソなんですねえ。

なので「あなたと一緒に」でないと、出口は見つからないのです。

もしかしたら思いのほか深いところに鍵があって、脱出までに少し時間がかかるかもしれません。でも安心してください。あなたが諦めない限り何度でも、出口が見えてくるまでお付き合いしますから。

なんだかずーっと密室で一人グルグル回っているような気持ちになっているなら、一度いらっしゃいませんか? オンラインでのご相談も承ります。

SNSをビジネスに活かしたいなら、繋がるべき相手を間違えないでねー

SNSで誰と繋がっていますか?

あなたのタイムラインに流れてくる投稿、いいね!を付けたりコメントのやりとりをする中で一番多いのは「ナニ繋がり」の人たちですか?

  • 先生あるいはメンター
  • オンラインサロンや講座などで知り合った仲間
  • 同業者

の面々がパッと浮かんだ人は、フォローする相手が偏りすぎてる可能性が。残念ながら、ここから「お金が生まれる」確率は低いです……

彼らと繋がることが「間違い」ってわけではないんですよ。特に「勉強中」の人なら、同じ勉強友だちとの情報交換や雑談は楽しいし、役に立つことも多いでしょうから。

ただ「ビジネス」を広げていきたいと思ってSNSを使っているなら、繋がるべき相手は別にいます。早速今日から新しい繋がりを増やしてみてください。

こまめにやりとりする相手は「クライアント」。
+「見込み客」と「異業種」から情報収集を!

フリーランスになった当初から、わたしの「お抱え営業マン」はSNSでした。ただ別に「営業するぞ!」と意気込んでやっていたわけではありませんでした。

「これ面白いよ」「知ってると便利だよ」「知らないとソンだよ」

ひたすらそんな発信ばっかり繰り返していたら、まったく見ず知らずの「通りがかりの人」たちから、コンサルのご予約や講座のお申し込みが入るようになっていったんですねえ。

すると今度は「お客さま」への呼びかけが増えていきました。以前は「想像上のペルソナ」に向けて書いていたのが、リアルに「知っている〇〇さん」の顔を思い浮かべて発信するようになったんですね。

時には名指しで「〇〇さーん、知ってる?」みたいな。と、ご本人も「呼んだ?」って感じで反応してくださって、そこに次々と「わたしのことかと思った」という人たちがコメント欄に連なってくださるように。

で、そのやりとりを見ていた、また別の「通りがかりの人々」がご予約やお問い合わせをしてくださる……という連鎖が、今現在も生まれています。

twitterはもう少し「広く浅く」の繋がりがメインで、ここではオタマトーンを始めとする「趣味繋がり」の方も多いです。自然と、わたしとはまったく異なる分野の人々からの発信もキャッチできる機会が増えました。

同業ならではの「分かる分かるー」感も楽しいしありがたいのですが、仲間内だけのやりとりがメインになると、気がつかないうちに視野がすごく狭くなっちゃうんですね。

視野の広さ=ビジネスチャンスの多さに比例する

のは間違いないので、クライアントさんたちとのやりとりに次いで、なるべく「わたしの知らない世界」の人たちとの交流を大切にするようにしています。

そんでね、どちらの交流も「楽しくないと続かない」ので、ムリに繋がろうとはしないし、最初からビジネスモードで突っ込んでいくこともないですねー、わたしは。むしろ

何が出来るかより、何を好きか

という部分でお付き合いを深めていった方が、長く良好な関係を築けるように感じます。ビジネスを抜きにしてもね。

それに「好きなもの」について発信したり、コメントをやりとりするのって楽しいじゃないですか。楽しいから20年以上も続けてるんですよ、結局ね。笑

「才能で食べていく」や「好きを仕事に」が叶わない理由は

photo by mybears-san

もしかしたら、

才能や好き=職種=これで稼ぐ

ってダイレクトに結びつけていませんか?
そうじゃないんですよ。いきなり「イコール」じゃないんです。

才能や好き=ムリなく何度でも繰り返せる、続けられる「行動」

をまず、見つけてください。
さらにそれを「職種=これで稼ぐ」に結びつけるには、

あなたの行動=誰かの「期待を満たす」結果を生む

必要があります。もちろん、ここまで一気に楽々行けた!というラッキーな人もいらっしゃるでしょう。その行動は「将来有望」とふんで、次のステップに進みます。

食べていく=何度も結果を生み「続ける」

ぶっちゃけ「あとはこれだけ」なんです。ひたすら。

そのために何をすればいいと思いますか? 「スキルアップ」? 「ブランディング」? 「売れる仕組みづくり」? 「情報発信」? 「ファンダムを作る」?

えっとね、

全部です。

全部やり「続け」て、ようやく何とか食べていけるようになります。もしフリーランスでやるなら、経理を始めとする「事務処理」も何かと発生します。自分では出来ないことや苦手はことは、お金を払って誰か得意な人にお願いしてもオッケーよ。

うへえ、と思った人は「組織」で働くほうが向いているかもしれません。その場合もお給料や休日などの待遇だけで決めないで、あなたが「ムリなく続けられるかどうか」を基準にするのをオススメします。

それくらい「続けられるかどうか」って重要なんですよ。

続けるためには「好き」であるに越したことはないし、ムリなく続けられて誰かが喜んでくれる(それをあなた自身が「特別な才能」だと自覚していなくても)なら【メシのタネ】になる可能性は十分にありますよん。

あなたの「好き」や「才能」は、まだ【タネ】かもしれません。それを見つけ、育てるお手伝いが必要なら、まずは60分の個人セッションを試してみませんか? ご予約可能なスケジュールについては、こちらでご確認ください。

イエベ秋は、特に「色だけじゃアカン」ので気をつけて!

イエベ秋はテクスチャが肝です

昔からお付き合いいただいている皆さまには耳タコかと存じますが、それでも何度でも言いたい大切なこと、それは

「似合う【色】だけ」分かっても、あなたのモヤモヤは解決しないよーー!!

質感とかデザインまでちゃんと見てくれるコンサルタントと出会ってね!!!ていうかウチに来てください(直球)。この道20年overの人間、そうそうおりませんので。

先日「イエベ春のビジネススタイルの罠」について書いたんですが、今朝は同じくイエベ(=イエローベース)である【秋】タイプのお客さまがいらっしゃいました。ベースは同じでも、実はぜんっぜん違うんですよ。

秋タイプに外せないもの、それは「質感」と「ボリューム」

別の言い方をすれば、この二つこそが【春】と【秋】タイプにおける最大の違いです。

上の写真の左下に並んでいる、3枚の生地サンプルをご覧ください。左からウールの先染めチェック・無地のフェイクスエード・ジャカード織で、いずれも「触ると凹凸やザラつきを感じる」テクスチャーを持っています。

いずれも透け感はなく「しっかりした高級感」のある生地で、色合いこそシックですが「デザイン性」が高く洒落た印象です。一見シンプルなゴールドのチェーンネックレスも「立体的」で存在感がありますよね。

カラー診断に使う布は、どれも同じ生地(当方はポリエステル使用)でプレーンな質感です。「色そのものの違い」は比較しやすいけれど、この特徴のないスベーッとしたテクスチャー、【秋】タイプには決してオススメではないんです。

特に「ペラい」ビジネスウエアは、安っぽく頼りない印象に……

薄手でプレーンな生地でもOKなのは【春】と【夏】だけ。ただし「骨格」によっては、似合わない人もいらっしゃいます。

【冬】タイプは、ハリと光沢があれば厚地でなくても大丈夫な人も多いんですが、【秋】はねえ……基本「骨格がしっかりしている」人が大半なこともあり、ペラペラした生地はチープで物足りない印象を与えるので、ソンですよ。

これはスーツだけでなく、シャツやネクタイ、ベルト、バッグ、シューズなどの小物も同じ。合皮でも構いませんが、型押し加工など「立体感&高級感」のあるものを選んでくださいね。

あなたが新入社員なら、まだ「頼りない」印象でもギリセーフかもしれません。が、既にキャリアを重ねている人であれば、この機会にビジネススタイルを見直してみてくださいね。投資する価値は十分にありますから!

もちろん新入社員、あるいは就活生の皆さんも「信頼感」を演出したいなら、アイテム選びは慎重に。残念ながら、リーズナブルなビジネスウエアの多くは【春または夏】タイプ向きが多いです。。

ちなみにアクセサリーや柄の「大きさ」は、シーズンタイプよりお顔立ちにかなり左右されます。つまり一口に

カラー診断=色だけ見る、わけじゃない。ゆえに機械やアプリでの測定には限界がある

と、最後に謹んで申し上げます。もちろん「人の目で見る」危うさもありますが、だからこそ「色だけで診断しない」コンサルタントを選んでくださいね。

ご遠方の方、リモートワークがメインの方向けの《オンライン・カラーコーチング》も承ります。メイクした状態でも診断OK。より精密なシーズンタイプ判定をご希望の方は《対面カラーコーチング》をご利用くださいませ。

イエベ春の民よ、「紺スーツ×白シャツの罠」にハマるなかれ!

4カ所だけ色を変化させています
original photo by coji_coji_ac-san

Facebookページtwitterの両方に投下した「Before→Afterクイズ」あなたは全て見つけられましたか?(4カ所だけ画像の色を変化させてあります)(今初めて見た!という人は、正解をスクロールする前にレッツトライ☆)



いいですか? 答えを発表しますよ?



色をイジったのは、以下の4カ所でした!

  • 女性のスーツの色:くすんだ紫みの紺→やや緑みのクリアネイビーに
  • 女性のインナーの色:白→ウォームグレイに
  • 女性のチークの色:色みを強く(彩度アップ)
  • 女性のリップの色:色みを強く(彩度アップ)

どこを変化させたかは分かった人も多いと思いますが、それらを「どのような色に」変えたかまで気づけた人はスゴイ! 色彩感覚がとても鋭いか、もしかすると同業者さんかもですね。

そして「左のオッサンは何もイジってへんのかーい!」と突っ込んでくださった皆さま、どーもどーも。もし必死で探してくれてはったらスンマセン。笑

写真のナイスガイがOKで、プリティウーマンが「このままでは残念」だった理由

まあブログのタイトルが思いっ切りネタバレとるんですが、女性のパーソナルカラーシーズンは【イエローベース・春】。ベースに黄みがあり、くすみのないクリアカラーを多色づかい出来るタイプです。

男性のほうは【ブルーベース・夏】タイプで、写真のような「ブルー系でまとめたコーディネート」がとても爽やかに決まります。優しく穏やかな雰囲気を持ち、人当たりもソフトで誠実な印象を与えるでしょう。シャツの色を白に変えるとシャープさが加わり、さらにスッキリ見えます。

ところがBeforeで同じような紺スーツ×白インナーの女性は、スッキリというよりは「淋しい」印象。明るいブラウンのヘアカラーもやけに目立ち、笑顔なのに快活さはあまり感じられません……何故なら【イエベ・春】の彼女に必要な、黄みと色みが足りなさすぎるのです!

Beforeのファッションは(ヘアカラーはともかく)ビジネスパーソンとしてはごく定番の装いです。でも

定番=無難とは限らないんですよ。特にイエベはね!!!

もともと「明るくカラフルな配色」が似合う春タイプさんに紺スーツ×白シャツのような「シンプルなビジネススタイル」は、どうしても物足りなくなりがち。

かといって「キャメルのジャケット×アクアブルーとオレンジのチェックシャツ(×男性ならノーネクタイ)×デニム」なんてラフなスタイルで出社してもされる社会人は、かなり限られているかと。笑

なので女性なら「チークとリップ」あるいは今なら「ピーチピンクのマスク」で健康的な血色をプラスしてみて。どうしても「白マスクじゃないとダメ」な職場なら、高めの位置にチークを入れて、マスクから少し見えるようにするだけでも違いますよ。

さらに服装にもなるべく「黄みと色み」を取り入れるべく、ひと工夫を。

ベストはAfterのような「紫みのない、やや緑みを帯びて見える、くすんでない紺」ですが、少なくともBeforeのような「白っぽく見える紺×白インナー」は避けて。春タイプの人が着るとお仕着せの制服っぽく見え、実際にはバリバリのキャリアでも、初対面では本来の実力が伝わりづらくソンです。顔色も悪く見えますよ。

もし白インナーを着たいなら「アイボリー」のような黄みの白を。また許されるなら、明るい黄緑やターコイズブルー、サーモンピンクなどの「差し色」で溌剌とした印象を演出しましょう。

ジャケットかボトムをベージュやキャメルに替えたオフィスカジュアルも、【春】タイプなら安っぽくならずに決まります。腕時計のベルトや文房具、スマホカバーなどで「色数を足す」のもオススメです!

あなたの「装い」が、商談や昇進のチャンスを妨げている……は、過言じゃない

のが、少しでも伝われば幸いです。ぜひこちらの過去記事も合わせてご覧になってくださいね。

なお、同じ【イエベ】でも落ち着いた深みのあるトーンが似合う【秋】タイプの人は、また別の罠があるんですよ……こちらはまた改めてご紹介しますね。色もですが、それ以上に大事なポイントがありまして。と勿体ぶっておこうっと。笑

いつ書くか分からん記事なんて待てるかーい!という人は、75分であなたのビジネス・ワードローブをご提案するパーソナルカラー・コーチングへどうぞ。今ならショッピングや断捨離が捗るプレゼント付きです(数量限定)