北風と太陽、本当に「優しい」のはどっち?

北風と太陽、本当に優しいのはどっち?

善意100%で「励まそう」としてくれてるのは分かる。おっしゃることは、ごもっとも。うん、きっとあなたは「正しい」し「いい人」なんだと思う。

でも、今は勘弁してくんないかなーー!

……と感じたことはありませんか?

むしろ「放っといてくれる人」のほうが、ありがたい。そんな時ってありますよね。

これってね、多分、どっちも悪くない。だから「よりパワーのある側」が引くのが、優しさなんじゃないかなー、と思うのです。

何故なら「今、弱ってるほうの人」は、バリヤーを張るパワーもないから。元気な人にしてみれば「これくらい」と思うような圧も、超絶ダメージになっちゃう。

だからもし、今あなたが「勘弁してくんないかなーー」と呟く側にいるのなら、出来るだけ速やかに、そこから離れて身を隠すことをお勧めします。

幸い今は、リアルで顔を合わせる機会も少なくなりました。SNSには「ミュート」っていう便利な機能もあります。フォローを外したりブロックしなくても、あなたからは見えないように出来ますよ。

逆に今、あなたが「一生懸命伝えようとしてるのに、全然届かない」と思ってる側の人なら、うっかり出力が強くなってるのかもしれません。

わたしもどちらかというと、ついつい強めになりがちなタチなので、気持ちはすっっごく分かります。「絶対こっちのほうが楽しいのにー!」って言いたくなるんですよね。

だけど今、多くの人は疲れてます。元気を出したいとは思ってても、かなりすり減っているんです。

すり減ってる時って、どんなに「良いもの」でも、いきなりドーン!は受け付けられないんですよね。そして弱ってる時に直撃をくらわされると、とっさに「拒否」とか「嫌悪」が生まれます。

……これ、どっちもハッピーにならない。

童話「北風と太陽」に登場する旅人が、太陽をありがたく感じたのは「冬」だったからじゃないでしょうか。これ「真夏」なら、逆になるかもよ?

冬の太陽は、真夏のように「灼熱」じゃない。じんわりとあっためてくれる、優しい光です。だから疲れ切ってる旅人でも、その熱を受け取れます。

今の自分には「受け取れない」なあ、と思うのは、決して悪いことじゃありません。あ、弱ってるな。と気がついて、ケアするチャンスです。

そして「伝わらないなあ」と、もどかしく思ってる人は、出力の「強さ」や「向き」を調整するチャンスと考えてみてはどうでしょう?

一番アンハッピーなのは、お互いがお互いを責める気持ちになること。

相手にも自分にも、タイミングや相性ってありますよね。ただ、それだけのことなんだと思いますよ。

「禅タロットを1枚1枚体験していくように教えていただけたことで、カードそのものへの理解が深まりました」

禅タロット:ADVENTURE

ひろかもさん、こんばんは。
さっそく修了証※1を発送いただき、ありがとうございます。

(※1 パート1〜4すべて修了された方に発行しています)

時節柄、3・4回目はオンラインでの受講にさせていただきましたが、対面とオンライン両方の場合を想定できましたので、とてもいい機会になりました^^

また、講座の内容はどれも味わい深かったのですが、特に印象的だったのがこの3つです。

● カードを体験すること
● カードに沿って質問を受けること
● いろんな角度からセッションの場に参加させていただけたこと

まず、カードのキーワードを覚えていくやり方でOSHO禅タロットを挫折した経験があった身としては、カードを1枚1枚体験していくように教えていただけたことで、カードそのものへの理解が深まりました。

次に、一方的に結果を伝えてもらう占いとは違って、引いたカードに沿ってふだん耳慣れないような質問※2を受けることで、自分でも思いもよらなかった言葉やイメージと出会うことができ、新鮮で面白かったです。

(※2 コーチングメソッドの一つである「クリーンランゲージ」の基本的な質問方法を使っています)

そして、自分がクライアントとして、セッションギバーとして、オブザーバーとしてなど、色んな立場でセッションの場を体感させていただけたことで、それぞれの立場だからこそ得られるものがありとても勉強になりました。

4日間楽しく学ばせていただき、ありがとうございました!

前半の2パートはサロンでの対面で、後半の2パートはzoomを使ったオンラインでと、異なる環境でOSHO禅タロットクラスを受講してくださったAさん。丁寧なフィードバックと転載のご快諾をありがとうございました。

独学や「キーワードを覚えていくやり方」では、なかなかピンと来ない、むずかしい……と言われがちな禅タロットですが、

それぞれのカードを「体験」することで、ぐーん!と身近になります。

暗記が苦手な方、禅タロット特有の表現にむずかしさを感じている方は、ぜひいらしてください。カン違いしやすいポイントも基礎から丁寧にお伝えしていますよー

9/12までオンライン&メールセッションのみ承ります

9/12までオンライン&メールセッションのみ承ります

滋賀県も8/27〜9/12まで緊急事態宣言が発令されることになりました。

皆さまのご安全を優先するため、この期間は講座セッションとも【オンラインのみ】とさせていただきます。

21:00〜夜間枠および22:30〜深夜枠も毎日受付中です。

お手軽な【フォーチュン・メールセッション】もぜひご利用くださいませ。

あーー早く皆さんと気兼ねなく対面のイベントやワークショップが再開できますように!

数秘+シンボリックモデリングで開ける「ジョハリの窓」

ジョハリの窓
illustration by johan san

1950年半ばに、二人の心理学者Joseph LuftとHarry Inghamによって提唱された心理分析モデル「ジョハリの窓」。

ジョセフとハリーで「ジョハリ」というイージーなネーミングはさておき(笑)他者との関係を通して自己を知るというこのフレームワーク、見たことor聞いたことあるーという方も多いんじゃないでしょうか。

元々はコミュニケーションスキルの向上のために発案されたものですが、最近はキャリアコンサルティングの一環として、自己分析や能力開発のツールとしても使われているようです。

実はこの「ジョハリの窓」と同等、あるいはそれ以上の効果が【数秘+クリーンランゲージ】で得られる

……と言ったら、驚かれますか? もしくは、ピンと来ない?笑

わたしが使う【現代数秘】の個人チャートには、ジョハリの窓で言う

盲点の窓:自分は知らないが他人は知っている自己
秘密の窓:自分は知っているが他人は知らない自己

に相当する数がいくつも出てきます。そして

未知の窓:自分も他人も知らない自己

にあたる数も。どの数がそれぞれの窓に相当するかは、その人の自己認識や自己開示レベルによりますが、すべての窓(数)に言えるのは

「知られていない自己」は「リソース:資源」として活用できる

ということです。要するに「知らないままではモッタイナイですよ」って話。

そしてね、「知っただけ」ではリソースにはならない可能性が高いんです。

ジョハリの窓も、最初に4つの窓を認識したら、その「境界線を動かす」ワークをするんですよ。分析して終わり、ではないんですね。

この「動かす」ワークを、わたしは【クリーンランゲージ&シンボリックモデリング】というコーチングの手法を使って行います。元々は心理療法(ベトナム戦争からの帰還兵のトラウマケア)として開発されたものなんですよー

といっても全然ムズカシイものではなくて、体験された方は皆さん

「面白かった!」「何これ不思議」「魔法みたい」etc.

と楽しんでくださってます。

例えば数秘で《物事を取りまとめ、場を回す才能がある》という数が出た、でもご本人には自覚がない、しかし言われてみれば「そういう役回り」になることが多いかも……という場合。

これまさに「盲点の窓:自分は知らないが他人は知っている自己」ですよね?

さらに、それをご本人は「才能」とは思っていない。だから積極的には使おうとしてこなかったり、自信を持って引き受けられない。モッタイナイ!

そこで、シンボリックモデリングの登場です。

「あなたが最高の状態で、その《物事を取りまとめ、場を回す才能》を使っている時、それは例えるなら何のようですか?」

(実際には、この質問に入る前にも何度かやりとりがあり、ご本人が「リソースとして活かしたい」と思っていることが大前提です)

ある人は、自分のこの才能を《交通整理》に喩えました。また別のある人は同じ数字を《ホテルの支配人》と表現していました。

この《何のよう?》に喩える時の表現が、人によって本当にさまざまで、仮に同じワードが出てきたとしても、ディテールはまったく違うんですよねえ。

「屋上から建物全体を透視していて、何か起きればすぐにスピーカーから指示が出せる」とか、ものすごく個性的! なのに本人にとっては「しっくりくる」んですって! それがどんなに非現実的なイメージでも。

そして「非現実的」なはずの、単なる「イメージ」のはずのこのワーク、不思議なことに、ちゃーんと現実とリンクしてるんです。また日常に戻った後、そのイメージ(シンボル)がさらに「進化」することもしばしば。

数秘リーディングだけならメールセッションでも承りますが、リソースとして発展させるワークは、対面(オンライン)でないと実践できません。

というのは、単に言葉のやりとりだけでなく「視線」や「ゼスチャー」も大いに関係があるので、あなたの姿が見えていないと出来ないんですよー

「閉ざされた窓」を開放し、リソースとして活用したいあなた、ぜひ一度試してみませんか?

大人だから楽しめる「絵本で秘密のビブリオマンシー」のススメ

絵本で秘密のビブリオマンシーの会

こんなご時世なので、大々的には開催できませんでしたが、この「こじんまり」感がちょうど良かった気がします。ご参加くださった皆さん、会場をお借りした布布(ふふ)さん、ありがとうございました。

ビブリオマンシー(書物占い)は初めて、という方ばかりでしたが、それぞれにご自分なりの楽しみ方を見つけてくださったようです。

途中から占いそっちのけで、ただ絵本に夢中になっていたような……大人になると「自分のために」絵本を読む機会って、なかなかありませんもんね。

わたしも久しぶりにゆーっくり絵本を楽しみました。いいですねえ、こういう時間。いろんな発見もありましたよ。

選んだのは「しんじゅのこ」と「かえるのかさやさん」の2冊。

「しんじゅのこ」は、琵琶湖真珠がテーマの絵本。挟み込んであった小冊子が何度も落ちてくるもんで、読んでみたらこれがまた良いお話で!

「かえるのかさやさん」は、完全にジャケ買いっていうか、まあ「かえる」には弱いもんですから。笑

で、この余白と、ひらがなだけのシンプルな一文にシビレました……! これね、自分の「仕事のやり方」について占った結果ですよ?

いやーーそうですよね!「あめの おとを きくのです。」うん、聞かねば。雨の日には、雨の音を聞くのです。晴れの日と同じことをしても、しかたないのです。笑

絵本ならではの豊かさを、堪能できたひとときでした。これはぜひ、大人の皆さんにこそ楽しんでいただきたいわー

おやつタイムの「ギリシャ文字占い」や「ルーンストーン」でも盛り上がりましたよ。

今回は「文字つながり」でこの二つをご紹介しましたが、また別の占いで遊ぶ会もしてみたいな。

会場の「帽子工房布布と小さな絵本の部屋」さんは、毎週木曜と第2・第4土曜の13:00-16:30、絵本スペースを無料で開放してらっしゃいます。

ビブリオマンシーのやり方もバッチリ覚えてくださったハズ! なので、気になる方はぜひ、お時間の合う時にお出かけくださいねー

「メッセージ、沁みました。救われる想いです」

しあわせ運ぶフォーチュンメールお届けします
photo by チョコラテ san

先日リニューアルした「しあわせ運ぶ フォーチュン・メールセッション」おかげさまで、連日ご依頼いただいています。ありがとうございます。

早々のフォーチュンメール、ありがとうございました。

いや、染みました……本当に。
メッセージにとても救われる想いです。

ハッキリと「ここが問題なんで、それを乗り越えたいんですよ!」みたいなのはないんだけど、「ちょっとだけヒントは欲しい」ってことは多々あります。

そういう時って、解決策を考えようってとこまですらいかなくて、かえってモヤモヤするんですよね……

いざ、そこを踏み出そうとしても、気軽に相談しやすい場所や方法って、意外とないもので。

「本日のご相談内容は?」から入る対面セッションは、ちょっとハードルが高いなあ、と思ってしまうんです……

その点フォーチュンメールは、誰にでも心理的なハードルなく申し込めるし、助けになる人がきっとたくさんいると思います。

わたしはとっても救いになりました。
ありがとうございました!

ご感想を寄せてくださったMさん、転載もご快諾いただき、ありがとうございました。

  • 明確な「問題」や「テーマ」というほどではないけど
  • 何かしら「ヒント」や「きっかけ」が欲しい
  • 顔を合わせて話すより、メールのほうが気楽

そんなあなたのお役に立てれば嬉しいです。「何か良いことないかな」「元気出したいな」と思った時に、お気軽にどうぞ。

しあわせ運ぶ フォーチュン・メールセッション:3,300円

  • 京都タロット・数秘・ジオマンシー・Keys of Actionカードetc. から、ご相談内容に最適なツールを選んでリーディングします
  • ツールのご希望があれば、遠慮なくお申し出ください
  • あらかじめ作成されたテンプレメールではなく、あなたのために心を込めてリーディングする、完全オリジナルメールです
  • 今のあなたにとって大切なポイントを、読みやすい約1,000文字にまとめてお届けします
  • カードの写真も一緒にお付けしますので、メッセージと併せてご覧くださいね
  • 通常ご入金から3日前後でリーディング結果をお送りいたします

お申し込みは、こちらの専用フォームよりお願いします。折り返しお支払い方法や納期についての詳細をご連絡いたします。

悩めるあなたを優しく励ます、フォーチュン・メールセッション

しあわせ運ぶフォーチュンメールセッション

今、あなたに必要なのは、心からあなたの幸せを祈るメッセージ

勝手な決めつけや押しつけではない、ニュートラルな視点からのリーディングを真摯に綴ったメールセッションは、これまでも多くの方々からお喜びの声をいただいています。

ずばり、その通りな状況です。たくさんの勇気と愛をありがとうございました。思わずうるっとしました。(30代女性・家族関係)

わたしの想いを拾い上げた、励ましのエールを本当にありがとうございます。読みながら、涙が出ました。優しさがハートに沁みました。(40代女性・自分自身について)

素敵なリーディング、ありがとうございました! このまま進んでいいものかどうかって思ってたんです。進む方の扉を開けてみようと思います。また、報告しますね!(40代女性・恋愛)

読んでいたら、何故かホッとする感覚がありました。もやもやしていた気持ちが穏やかになりました。次の流れに乗っていきますね。(40代女性・仕事)

胸に響くリーディング結果をありがとうございます。せっかくの自分の人生、楽しくて周りも幸せになるようなことを始めようと思います。(50代女性・ライフワーク)

ひろかもさんのリーディングは、文章から本当にしっかりされているのが伝わってきます。今回もお願いして本当に良かった。目が覚めた気持ちです。どうもありがとうございました。(50代女性・スキルアップ)

フォーチュンメールセッションで使うツールたち

しあわせ運ぶ フォーチュン・メールセッション:3,300円

  • 京都タロット・数秘・ジオマンシー・Keys of Actionカードetc. から、ご相談内容に最適なツールを選んでリーディングします
  • ツールのご希望があれば、遠慮なくお申し出ください
  • あらかじめ作成されたテンプレメールではなく、あなたのために心を込めてリーディングする、完全オリジナルメールです
  • 今のあなたにとって大切なポイントを、読みやすい約1,000文字にまとめてお届けします
  • カードの写真も一緒にお付けしますので、メッセージと併せてご覧くださいね
  • 通常ご入金から3日前後でリーディング結果をお送りいたします

お申し込みは、こちらの専用フォームよりお願いします。折り返しお支払い方法や納期についての詳細をご連絡いたします。

あなたのお悩みに寄り添い、そっと背中を押すメッセージ……受け取っていただければ幸いです。

【重要】通信エラーが頻発しやすいhotmailおよびyahooメールはなるべくお控えください。PCメールもしくはgmail推奨。スマホユーザーのかたは事前に @studio-H.biz からのメールが受信出来るよう設定をお願いします。

【重要】こちらからの返信が「迷惑メール」として処理されているケースもありますので、念のためご確認をお願いします。

※旧プランで既にお申し込みいただいている方には、当初の形式で対応させていただきます。ご安心くださいませ。

禅タロットのユニークさは、小アルカナに(も)あり。

禅タロットとウエイト版の小アルカナ比較

大アルカナが何故か23枚ある、ごく一部を除いて各カードに独自の名称が付いているなど、ユニークな特徴で知られるOSHO禅タロット

その独創性は「小アルカナ」でも、いかんなく発揮されています。

写真は上段が禅タロット、下段が伝統的タロット(ライダーウエイト版)で、同じカード同士を比較したものです。左から2枚目だけは、何となく似て見えますが、後の3ペアは「ホンマにこれおんなじなん?」レベル。笑

禅タロットの小アルカナは、伝統的なデッキ同様「4つの組:スート」から成り立っています。ただ、名称は少し違います。

  • 火:行動 → 火:ワンドに相当
  • 水:感情 → 水:カップに相当
  • 雲:精神 → 風:ソードに相当
  • 虹:身体 → 土:ペンタクルに相当

風の要素が「雲」で、土が「虹」というのがユニークでしょう? でもその理由を知ると「なるほど!」とヒザを打ちたくなりますよ。

伝統的な「風:ソード」は「剣」のモチーフで表現されます。思考は明晰であれば素晴らしいツールですが、手入れを怠れば使いモノになりません。

禅タロットの「雲」は、まさにこの「手入れを怠った剣」なのです。雲=頭の中のおしゃべりがモクモクと湧いてくるほどに、そこにとらわれるほどに、わたしたちの視野は遮られていきます……

でも「雲」であることの恩恵もあるんですよ?

禅タロットあるある・その3でも書きましたが、「雲=実態のないドラマ」ですからね。ドラマだと気づけば、雲は晴れます。

また「虹」は、単に「物質性・現実性」だけを表してはいません。

ぶっちゃけ虹も雲と同じく気象現象なんで、なんで「土」のエレメントが「虹」なの? という素朴な疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ここでの虹は「地と空を繋ぐ架け橋」という意味を持ちます。地=物質的現実と、空=神聖なるものは別々に分かれているのではなく、常に繋がっているというメッセージなんですねー

ちなみに色彩学の講師でもあるわたしから一言付け加えると、「雲」のグレーと「虹」のレインボーカラーは、どちらも同じ「光」の色です。

前者はすべての色が混ざった状態、後者はプリズムを通した光が波長ごとに分かれた状態。そして「雲」も「虹」も、空気中の「水」が大いに関係しているのも、意味深ですねえ。ふふふ。

なお小アルカナも大アルカナ同様、すべてのカードに独自の名前が付いています。そして一枚一枚に、味わい深いストーリーが隠されていますよ。

解説書だけでは、なかなかピンと来ない人も多い禅タロット。感覚的な「雰囲気読み」だともったいなーい! ですよん。ぜひ「本来の意味」を知って、じっくり深めてくださいね。

講座は対面・オンラインとも1名より随時開講OK。タロット自体が初めての方も、既にプロとして活動中の方にも好評です。

オンラインセッション限定の夜間枠および深夜枠も、お気軽にご利用ください。カメラオフ・チャットでのやりとりにも対応します。

黙ってめくればピタリと当たる!? 噂のビブリオマンシー、一緒にやりませんか?

英和辞典でビブリオマンシー

ビブリオマンシー:書物占いのやり方は、とっても簡単!
用意するものは、次の2つ。

  • 質問
  • ピンと来た本を1冊

リラックスして心の中で質問を唱えたら、目を閉じて選んだ本をパラパラ〜ッとめくりましょう。

「ここだ!」と思ったところをパッと指差し、目を開けて飛び込んできた言葉が「答え」です。

月曜の昼下がり、あれこれとやるべきことはあるはずなのに、どうにもモチベーションが上がらない……「どうしたらヤル気スイッチが入るのか」を、ビブリオマンシーで尋ねてみました。笑

結果はまさかの【disfavour:不人気、不興】……えええ⁈

一瞬ドキッとしたけれど、実はまさに「不人気なこと」にテコ入れしようとしていた矢先だったので、なーるほど! と納得。

なぜ「不人気」なのか、その辺りをじっくり掘り下げようと思います。 

ちなみに今回使ったのは、なんと中学入学時(何年前かは聞かないでー! 計算しないでー!)に買ってもらった、研究社の「新英和中辞典」。

最近はすっかり「紙の辞書」を引く機会もなくなりましたが、電子辞書でビブリオマンシーは出来ませんからねえ。持ってて良かった!

さてさて、8/22(日)の「絵本で秘密のビブリオマンシーの会」残席3となりました。

絵本って子ども向けのものが多いけれど、その分言葉がていねいに吟味されているので、ストンと胸に入ってくるんじゃないかなあ。

今回わたしが使った辞書もそうですが、質問とは直接関係がなさそうな本のほうが、新たな視点を得られやすいのでオススメです。

もし「文字」ではなく「絵」を指差してしまったら……?

そこから何を感じ取れるか、ぜひあなたの感性と創造性をフルに活かしてみてくださいね。「色」の言葉なら、わたしも翻訳のお手伝いをしますので。

琵琶湖と比良山系にはさまれた、小さなアトリエへ遊びにいらっしゃいませんか? 参加費1500円、最寄り駅までは送迎いたします[詳細はこちら

オンライン限定【深夜枠】始めます

オンライン限定【深夜枠】始めます

昼間はお仕事や家事、お子さんの世話なのでゆっくり話が出来ない……そんなあなたのために。

22:30スタートの深夜枠、オンライン限定で始めます。

カメラオフや、チャットでのセッションにも対応出来ます。「顔や声は出したくないけど、相談したい」という方、ぜひご利用ください。こちらのスタイルは、昼間でももちろん可能です。

なお、従来20時スタートにしていた【夜間枠】も21:00スタートに変更いたします。お仕事や時差の都合でスタート時間をずらしたい方も、ご相談くださいね。

  • セッションメニューは→こちら
  • ご予約状況のご確認は→こちら
  • オンライン専用お申し込みフォームは→こちら

お支払いのお手続きは、原則として【事前】にお願いします。リピーターの方・ご紹介の方は翌日払いも承ります。

振込先は、ゆうちょ・三菱UFJ銀行・PayPalがご利用いただけます。恐れ入りますが、振り込み手数料はお客さまにてご負担くださいませ。くわしくはお申し込み後、返信メールにてご案内いたします。