「私はなぜ、あんなガチな山を目指していたのか……」

original photo by Hiro1960-san

先日、あるクライアントさんから

「来週から環境が変わるのが不安です。背中を押してもらえませんか?」

とセッションのご予約がありました。新しい環境にはすごく希望を持っている、でもその分「もし上手くやっていけなかったら……」と考えると不安でいっぱいになる、と。

……そして不安でいっぱいの時、あなたは何が起きればいいのでしょう?

「心構えというか、覚悟が欲しい。ハラにグッと力を入れて、一歩踏み出すような」

もちろん「実際にその場で一歩踏み出す」という意味ではなく、これはいわゆる【メタファー:例え】です。ご本人のアウトカム(望む結果)を、比喩的に表現されているんですね。

さて皆さん、この表現から、あなたはどんな「一歩踏み出す」をイメージしましたか?



イメージしました?

実はね、この方の「一歩踏み出す」は、

切り立ったガケのような岩山の、滑りやすい砂利の上り坂を、直径1メートルくらいある岩を腰にロープで繋いで引っ張りながら、おへその下にもコブシ大の石が入った状態で、グッと力を入れて「一歩踏み出す」

だったんです!

並々ならぬ覚悟が伝わってくるようなメタファーですが、そのままモデリングを続けていくうちに、変化が起き始めました。

「……何でこの岩を引っ張ってるんだろう?」「面倒くさくなってきた」

とうとう岩を「運ぶのをやめる」と、クライアントさん。腰のロープとおへその下に入っていた石も、一緒に置いていくことに。

ですが「何か重しがないと、ふわ〜っと飛んでっちゃう」ので、今度は「丸くて綺麗な石をいくつか」代わりに入れることにしました。

すると「明るい気持ちに」なり、木1本生えてなかった岩山の向こうに「緑が見え」たり「いい感じの雲」が空に浮かんできて、そのまま坂道を登っていくのかと思いきや……

「喉が渇いたけど、飲み物を持ってないので、いったん家に帰ります」「家族にご飯を作ります」

!!!

「何で山に行ったのかな? てっぺんは気になるから、また気が向いたら行こうかな」

山に置いてきた石たちは「そこで喜んでる」。代わりにハラに入れた石たちは「消えました。今は内臓が入ってます」と。さらに

「夢から覚めて、日常に戻る」

そうおっしゃったので、わたしは最初の「起きて欲しいこと:ハラにグッと力を入れて、一歩踏み出す」は出来ますか? と尋ねてみました。すると……

「出来るかもしれないけど、する機会がないです」

では、何が起きればいい?

「ハラに力を入れなくても、生活できると分かりました」

そんなに深く考えなくてもいいのかも、なるようになるというか……笑顔でそう締めくくってくださいました。

・・・

1時間弱のクリーンランゲージ&シンボリック・モデリングで、クライアントさんのメタファーは大きく変容しています。大きな岩もロープもお腹の石も消え、ガケのような山から降りて、お家で家族にご飯を作る。石ではなく、内臓の入った身体で。

とても印象深かったので、ご本人の許可を得てその一部始終をここに再現させていただきましたが、ここまで読んでくださった皆さんも、最初と最後の違いに驚かれたのではないでしょうか。

残り5分で、クライアントさんから「個人周期数についてのアドバイスが欲しい」とリクエストがありました。お誕生日から計算して【4の年】だと分かった瞬間、思わず笑みが。なぜなら……

今日のセッションが、マルっと全部【4の年】を快適に過ごすヒント

だったから。
4は「安心・安全」の象徴であり、過剰に求めすぎると「緊張」を生み出します。

個人周期4の年をくつろいで過ごすには「こうでなければ」と自分を縛っていた思考に気づき、日常の暮らしを大切にし、無理のない、自然体の自分でいるのが一番です。

ブログへの掲載許可をお願いしたら、

「今日はすっきりとした気持ちで部屋の片付けをマイペースにしています」「私はなぜ、あんなガチな山を目指していたのか……」

と、すっかり【4】なお返事が返ってきました。笑

ちなみに「気になるから、また気が向いたら行こうかな」とおっしゃってたメタファーの山は、とある実在する霊山に近いんだそう。夢にも出てきたことがあるんですって。

登山は初心者というご本人が実際に登るにはハードルがかなり高そうですが、もし機会があれば行ってみるとのこと。もしかしたら、メタファーの中で「置いてきた岩たち」と再会するかもしれませんね。

・・・

クリーンランゲージ&シンボリック・モデリング(長くてスミマセン)では、こんな風に「あなたの今の状態」や「あなたが望む結果」を、自由にメタファーで表現していただきます。

サイコアクティブ(精神活性)と呼ばれる状態に入ると、それらの「メタファーが勝手に」動き始め、時に語り出します。こちらから無理に「良い方向へ」誘導したり、あなたが語る以上のストーリーを付け加えたりはしません。

すぐに変化が現れる時もあれば、何回かセッションを重ねてようやく動き始めることもあります。こればっかりは、実際にやってみないと分からないんですよね。。

ただ、少なくとも「何も起きなかった」という人に、わたしはまだ出会ったことはありません。そしてセッションで起きた変化は、時に数年も続くことがあります。セッション中にそれほど動きがなくても、その後に「分かった!」となることもしばしばですよー

あなたも「自分の内側から現れる英知」に触れてみませんか? セッションのお問い合わせ・ご予約はLINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。

友だち追加

今月は「6の年・7の月」ひとりの時間を味わって、英気を養おう

ひとりの時間を味わって、英気を養おう
photo by jcomp (Freepik)

個人周期=あなたのこの1年のテーマが強調された先月、いかがお過ごしだったでしょうか。大きな節目感があった人、いろんな感情がないまぜになって落ち着かなかった人も多かったのでは。

この10月は、2+0+2+2=【6:ハート・ファーストが合言葉】の年の+1+0=【7:ひとりを味わう】月。といっても、何も「孤独になれ」というわけではありませんよ。

7は「立ち止まり、振り返る」時。ひと息ついて、英気を養いましょう。

もし事情が許すなら、日帰りでもいいから「ひとり旅」に出るのがオススメです。あるいは1日のどこかで、もしくは1週間に一度でも「ひとりになれる時間」「自分のための時間」を取りましょう。

たとえわずかなひと時でも【自分のエネルギーを自分のためだけに使う】それ自体があなたの心身に滋養を与えますよ。

物理的に「一人」でなくてもいいんです。誰かと一緒でもいい。「自分の時間」や「自分専用の何か」を持ちましょう。目に見えるものでも、見えないものでも。

いざ「ひとりの時間」を持ってみても、一体何をすれば……

もしかしたら、そんな風にとまどう人もいらっしゃるかもしれませんね。特にこれまで、ずっと「誰かのため」にエネルギーを注ぎ続けてきた人や、自分の望みは後回しにしてきた人たち。

わたし、本当は何がしたいんだろう??

ふと気がつくと「やりたいことが見つからない」と、道の真ん中で呆然と突っ立っているような感覚になったら、一度ひろかものセッションを受けてみませんか?

できれば、一度きりではなく、何度か継続して。

8月からスタートした3ヶ月間の継続プログラム、通称「カエル🐸サポートマラソン」をご利用いただいている皆さんの多くが、3〜4回目にターニングポイントを迎えられるケースがとっても多いんです。

それこそ何十年も繰り返してきたパターンの「根っこ」が見えてくる。それを、ただ眺めるだけでもなければ、無理やり引っこ抜くわけでもなく、ご本人もビックリ!の

「想定外のプロセス」が起こるんです。

時に笑い、時に涙とともに。

ある人は「これ受けた人、みんな本が一冊書けるんじゃないの!?」とおっしゃってました。笑

先日、LINE公式アカウントのお友だち先着11名限定で募集した「真夜中のシークレット・ミーティング」で、参加者の皆さんに「サイコアクティブ:精神活性」体験をしていただいたんですが、

自分にエネルギーを向けると、確実に「何か」が動く

ということを体感していただけたんじゃないかしら。

肉体としての目には見えない、でも本人には「見える」という……こうした神秘もまた、数秘でいうと【7】なんですよー

2022年もいよいよ、あと3ヶ月となりました。そして来年、2023年は【7の年】になります。この10月に「7の予習」をしておくのもいいんじゃないかなーと思いますよ。

セッションのお問い合わせ・ご予約はLINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。お支払いは、STORESからのオンライン決済もOK!

友だち追加

人生の見通しを立てる方法を「数」で学んでみませんか?

見通しの良い人生を歩みませんか?

例えば「何だか最近、流れが止まってる気がする」とか「頑張ってるけど、なかなか芽が出ない」と感じている時……

実はそれ、あなたのせいじゃなくて「タイミング」の問題かも。

さらに言えば、

  • 「止まってる」んじゃなくて「動かない方がいい」
  • 「芽が出ない」んじゃなくて「芽が出るまであとXヶ月」

だとしたら……かなり気分が変わると思いませんか?

人生の見通しは、1〜9の「数」から立てられる

たとえば先月ご紹介した、お誕生日を基準とした【個人周期数】。ブログでご紹介したのは「今年の」周期数の出し方ですが、もちろん本来は「いつのでも」出すことができます。

加えて1年ごとの周期だけでなく、より細かく「月の周期数」や「日にちの周期数」も出せますし、反対にもっと長いスパンでの「テーマとチャレンジ」や、究極には「人生のメインテーマ」も計算して出すことができますよ。

ところで皆さん、誕生日って「来た/来る」って言いません? 誕生日に限らず、未来の日にちは常に「向こうからやって来る」感覚を、わたしたちは自然に持ってます。

それに対して、自分の個性とか才能は「持ってる」って言いますよね。持っていて、それを「活かす=誰かの役に立たせる、人々と分かち合う」のが生きる喜びとも言えるでしょう。

「向こうからやって来るもの」と「自分が持ってて活かすもの」の両方が大事

これね、どっちかだけじゃなくて「両方」ってとこがミソ。

たとえば最初の例で言うと「今は動かない方がいい時……でも、わたしガンガン動いてるほうが好きなんですけど!?」ってタイプもいらっしゃるんですよ。

その場合はね、「動かない」の意味が文字通りじゃないんです。動いてもいいんですが「何のために動くか」を理解しておく必要がある。

そしてその「何のため」も「どう動くか」も、あなたが持ってる数字によって違ってきます。上手くいくポイント、気をつけたほうがいいポイント、これも人それぞれ。

ところがこの肝心なところがねー、本やサイトでは書いてないの!爆

いや、正確には「書けない」んですよ。何故かというと、数字の組み合わせのバリエーションが多すぎるから。でも

組み合わせて読まないと、ぶっちゃけ断片的すぎて使えない

んです、数秘って。独学の人がつまづく最大の山が、ココ。

だからプロのセッションを受けてください。あるいは講座を受けてください。ベーシックコース10時間で35,000円は長い&高いと思われるかもしれませんが、60分の個人セッション10回分より5万円も安いんですよ。

それでご自身についてはもちろん、ご家族や気になる人のチャートの作り方&読み解き方も学べるので、実はむちゃくちゃコスパ良いです。笑

さらに10時間のレッスンが終わったらおしまい、じゃなくて、その後も半永久的にサポートが受けられます。質疑応答は無料、修了生限定の月イチ探究会は格安の1,500円。10年以上お付き合いのある生徒さんがゴロゴロいらっしゃいます。つまり……

  • 人生の見通しの立て方が学べる
  • 自分の個性や才能の活かし方が学べる
  • 他の人にも応用できる
  • 数秘好きの仲間がいきなり数十人出来る

あとは修了生限定の特別モニター企画や他講座の割引も結構あります。特に現代数秘の生徒さんは、なんだかんだ一番お得だと思います。

レッスンは対面・オンライン、あるいはそのミックスもOK。最短なら5時間×2日間で、ゆっくり学びたい人は2時間×5回に分けることも可能です(オンラインのみ)。

人のは別にいいから、自分のだけ知りたーい!という人は、60分の個人セッションで承ります。出来れば2回くらい受けていただくと、より深い情報がお伝えできますよー

講座のおよびセッションのお申し込み・お問い合わせはLINE公式アカウントこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。

友だち追加

今月は「6の年・6の月」ハートに繋がり、ハートで繋がりたいなら、今!

ハートに繋がる→ハートで繋がる
photo by cheetah-san

特にあなた自身の「個人周期数」も6なら、見逃せない大チャンスですよ!!!

2+0+2+2=【6:ハート・ファーストが合言葉】の年も、残すところあと3分の1。改めて、なぜ今「ハート」そして「繋がり」なのか、をおさらいすると……

  • 2022年は「2が3つ」。2000年以降の基本設定とも言える【一緒に・つながる】という2の質が、ますます顕著になっていく
  • そんな2が「3つある」今年は【誰かと一緒に、楽しいことを創造する】のがテーマ
  • 楽しく誰かと【一緒に・つながる】には、まずあなた自身の「本当の気持ち」を知る必要がある

だからハート・ファーストが合言葉、なんですねえ。

そしてね、前回(あなたの「夏休みの宿題」もう終わりました?)でも書いたように、9月はその年のテーマが最も強調される時なんです。ということは……

もうこれ以上、自分の気持ちにウソがつけない!

周りの人々、あるいはあなた自身がこれまで「常識」としてきたものと、今のあなたが感じている「本当の気持ち」。そこにあるズレが大きくクローズアップされやすい時期とも言えるでしょう。

とは言え、じゃあ常識をムシして「わたしはこれがやりたいの!」と突っ走ればすべて解決、バラ色の未来……となる保証は、残念ながら6の年・6の月だからといってあるわけじゃない。そう、確たる未来が存在するのではない、

でも、選ぶ。結果がどうあれ、受け入れる。

実はこの【自らの選択に責任を持つ】ことが、6の本質なのです。

2022年という「2が3つで6」となる年に、

  • 誰といたいのか
  • その人とどんなふうに過ごしたいのか

を真剣に考えてみる。目先の損得や義務感を抜きにして。

そしてその関係をより健全で、心満たされるものにするために

  • あなたは相手を尊重しているか? 一方的にジャッジしていないか?
  • 相手はあなたを尊重しているか? 一方的にジャッジされていないか?

つまり、そこに「愛」はあるか?

相手に対してのみならず、あなた自身に対しても。

何も聖人君子であれ、というハナシじゃないですよ。むしろ逆、逆! 笑

「自分のことが好きになれない」「本当の気持ちは見たくない」「誰かに愛してもらわないと自信がない」「完璧な相手であってほしい」etc.

そんな風に「感じている自分がいる」と認めることも、十分「愛」ですよん♡

冷静に考えて、世の中のあらゆる「パートナーシップ」のすべてが、完璧で理想的な相思相愛なわけないし(爆)どんなにうまく行ってる関係であっても、24時間365日ずっとそうってことはないでしょう。

それを「わかってる」ことが大事なんじゃないでしょうか。いろいろと気に入らないことはある、でも何とかお互い、一緒にやっていこうよ。そう言い合える関係を育むのが「6の年・6の月」のテーマです。

パートナーがいる人は、お互いに。
募集中の人は、まず自分自身と。

自らのハートに繋がり、お互いのハートで繋がる意識を持ってみてくださいね。

6には【完璧な調和】というキーワードもあるんですけど、この完璧はむしろ自分や相手が「完璧じゃないと知る」ことから生まれる調和なんですよー

繰り返しますが、聖人君子でなくてもいいんですからね! 不完全上等! 笑

セッションのお問い合わせ・ご予約はLINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。お支払いは、STORESからのオンライン決済もOK!

あなたの「夏休みの宿題」もう終わりました?

illustration by キラーT細胞san

気がつけば来週はもう9月! 2022年も残り4ヶ月ですよ、奥さん!

今年の夏は特別暑くコロナの勢いも止まらずで、なかなか「夏を満喫したぜ〜」とは言えない人も多かったのでは?

そんな「やり残し感」を抱えているあなた、まだ間に合います。

今年の8月は「目的地を選ぶチャンス」の6の年・5の月。そしてあなた自身の個人周期数(西暦+生まれ月+生まれ日で計算)が一年で最も強調される9月のための準備にも、最適なタイミングです。

つまりどういうことか、というと……

「現在地確認」と「目的地設定」をするなら、今のうちです!

あなたの「生まれ月+生まれ日の合計」を一桁になるまで計算(例:8月26日なら8+2+6=16→1+6=7)し、お誕生日がまだの人は+5、もう過ぎた人は+6して、さらに一桁になるまで足してください。それがあなたの個人周期数で、お誕生日を基準に1年間のテーマとなります。

1の人=新しく何かを始める時
2の人=自分にとって最適なバランスを見つける時
3の人=新たな出会いを楽しむ時
4の人=現実化する時
5の人=より自由になる時
6の人=ハートに正直に生きる時
7の人=自己信頼を深める時
8の人=目的達成のコツをつかむ時
9の人=完了と手放しの時

個人周期数は「月単位」でも計算することが出来、どの人も9月は「Xの年・Xの月」つまり年の周期数と月の周期数が等しくなるため、テーマが最も強調されやすいんですねー

なので「現在地:今、自分はどんな時にいるのか」と「目的地:どこへ向かっていくのか」が曖昧なまま9月を迎えると、せっかくの数のエネルギーを上手く使えなくてチャンスを逃したり、知らずに偏った使い方をしてしんどい思いをすることも。

お子さんの「夏休みの宿題」が一学期の復習と二学期への準備であるように、オトナのあなたも「これまでのまとめこれからの準備」を済ませておきませんか?

数秘のキーワードは抽象的なので、さらにクリーンランゲージ&シンボリック・モデリングを使うことで

「あなただけの、超具体的な目的地設定」が可能です。

例えば「より自由になる」といっても、その「自由」がどんな「自由」なのかは人それぞれですよね? かといって自分で「自由とは……」とイメージしても、今イチその「形」や「場所」まではピンと来ないのではないでしょうか。

え、自由に「形」や「場所」なんてあるの!?

と思いますよね。はい、あるんです。

カッチリした「形」はない人もいますが、たいていセッションが進むにつれて輪郭がはっきりしてきたり、大きさや重さ、匂いや手触りまで出てくることも珍しくありません。そしてこれは単なる「例え話」ではないんですよ。

あなたも聞いたことありませんか?「欲しい未来を引き寄せるには、出来るだけ具体的にイメージする必要がある」と。この「具体的」は、

embodied:具現化・体現化・《肉体化》された

という意味なんです。《頭の中で》イメージを膨らませることとは、根本的に違うんですよん。

オトナの二学期が始まる前に、ぜひあなたも「超具体的な目的地設定」にいらしてくださいね! 対面・オンラインどちらでもOK、出来れば60分がお勧めです。

セッションのお問い合わせ・ご予約はLINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。お支払いは、STORESからのオンライン決済もOK!

友だち追加

「を」が「透明なエアバッグ」を経て「時間」に変わった話

わたしが育てているメタファー

そもそも「を」って何? という人は、お手数ですが前段をお読みくだされ

この春から有志が集まって、シンボリック・モデリングの練習会を月イチでやってるんですけど、そこで先月やったワークが

望む未来を文字で書き、それを自由にバラバラにする

というもの。わたしの場合は「よりクリーンにセッションを行う」だったと記憶してますが(なんせ「を」しか残ってないからウロ覚え。笑)これを好きな場所で区切って、バラバラの紙片にしちゃうんです。

そして《好きなように並べ替え》て《違う場所、違う高さから眺めてみる》あるいは《紙片の間隔をどんどん広げてみる》んですよ。

さらに《最後の一片になるまで、一つづつ取り除いていく》と……最後に残ったのが「を」だった、というわけです(このワークの詳細を知りたい方は、こちらの記事で紹介されてますよー)

その「を」は、どんな「を」ですか?

という、クリーンランゲージのベーシックな質問を投げかけられたとたん──

わたしの目の前に「ぶわっと丸くて透明でボヨンとした弾力のある何か」が、エアバックのように自分の胸から前方に向かって、一気に広がりました!

その「を」について、他に何かありますか?

続けて問いかけられると、わたしはそれが「何のために存在し、どう働くのか」も、何故かハッキリ「分かった」んです。

この透明なエアバックがあると、わたしはクライアントに「近づき過ぎない」で済み、その結果クライアントが自分のペースで内側を探求するのを「じゃましない」のです。

自分の聴覚のモンダイなのか、単に空気が読めないだけなのか、時々クライアントさんと「しゃべるタイミング」が被ってしまうのが悩みだったわたし。でも、この「を=透明なエアバッグ」を発動させれば、わたしはもう少し落ち着いていられそうだぞ、という確信があったんですね。

練習会から帰宅した後も、この「透明なエアバッグ」のことを何度か思い浮かべてみました。すると実は「無色透明に近いけれど、表面はところどころ場所を変えながら、キラキラと虹色に光る」らしい、という新たな発見が。

しかもその「虹色に光る」のは、クライアントさんが「カギとなる言葉やジェスチャーを発している瞬間」らしいんですよ。え、めっちゃ便利やん!

さらにその「虹色の瞬間」を見逃さないために、わたしは常に「エアバッグの存在を意識し続ける」必要があり、結果として「ひと呼吸分の時間を置く」ようになります。

この一連のメタファーがうまく作動すると、わたしはセッション中の「カブリ」を防ぐことが出来、かつ大事なポイントを逃さず応答出来そうなんですよ。「を」有能すぎる!

で、目下わたしの目標は「をを忘れない」こと。常に無意識に発動させるには、もう少し鍛錬が要りそうです。

「何となく」思い浮かんだメタファーを侮るなかれ。

実は「を」の上に🌱(双葉)を描いたのは、何となく……でした。ファシリテートしてくれた友人が「素敵」と言ってくれて、ああ、なんかそう言えば描き足したなーくらいに思った程度の、無意識のラクガキだったんです。

が、これもまたメタファーでした。🌱(双葉)=今からもっと成長するよ、というサインだったんですねえ。

このワーク、カエル🐸サポートマラソンでも何人かの人にやってもらってます。

「3ヶ月後、何がどうなっていればいいと思いますか?」という質問に、パッと答えが思い浮かばなかったり、浮かんだけど今ひとつしっくり来ないなあという人に試してもらうと……

「「「え、最後に残ったの、これ!?」」」

みたいのが残るっぽい。笑

しかもその最後の一片についてクリーンな質問を投げかけると、思いもよらない言葉やイメージが浮かんでくるので、皆さんビックリしたり大笑いしたり、時にはちょっぴり涙ぐんだり。

何と言うかその人にとって「一番核となるもの」が自然と残るようなんです。たとえ「を」のように、一見意味不明のような一片であっても。

とても興味深く、かつ実用的でもあるので、ぜひトライしてみてほしいなあ。30分のセッションでもオンラインでも十分可能ですよ。

ご興味ある方はぜひ「やりたーい!」とLINE公式アカウントもしくはこちらのフォームよりご予約くださいね。

友だち追加

3ヶ月経ったあとも、あなたの「魔法」は消えずに効き続けます。

カエルサポートカルテ

近頃わたしのお楽しみは、3ヶ月間継続プログラム・通称「カエル🐸サポートマラソン」の皆さんのカルテを毎朝眺めながら、次のセッションはいつ頃がいいかなーとか、あのリソースのシンボルはその後どうなったかなーなどと思いを巡らせること。

多分皆さんが想像している以上に、わたしはあなたのことを毎日考えてます。ふふふ。笑

先日、クリーンランゲージ&シンボリック・モデリング(CL&SyM)を初めて体験した方から

「何やってるかぜーんぜんわからない! けど楽しい! 魔法みたい」

というフィードバックをいただきました。めっちゃ楽しそうでしょ?

この「魔法みたい」というワード、CL&SyMのセッションではよく聞く言葉のひとつです。

ご本人からすれば「ただ質問に答えていただけ」なのに、いつの間にか何もないハズのところに色や形、重さや硬さ、時に香りまで伴う「何か」が次々と現れるんですからねえ。不思議ですよね。

だけどCL&SyMの「魔法」は、ここからが本番!

その「何か」が、早ければセッション中に、そうでなくてもその後数日〜数週間、あるいは数ヶ月後に

「このことだ!」と現実の中で分かる瞬間

が来るんですよねー。「メタファー:たとえ」が「リソース:資源」に変わる瞬間です。そこからどんどん実際の変化が起きていくので、楽しい楽しい♪

3ヶ月のプログラム期間中、わたしはあなたの「魔法」が消えないように、さらに効果が増すように、月1〜2回のセッション&回数無制限のLINEのやりとりでサポートし続けます。

最初は「魔法みたい」と思っていた感覚が、次第にあなたの中で「当たり前」のものとなり、モチベーションやリソースとして自在に使えるようになっていきますよ。

そうなればもう、3ヶ月のサポートが終わった後もずっと効き続けます

念のために申し添えると、この「魔法」はひろかもが掛けるわけではありません。

魔法を起こすのは、あなた自身です。

CL&SyMは潜在意識に働きかけますが、暗示や催眠とは異なります。あなたの中にボンヤリとあったものを、ハッキリと認識できるようにする=モデリングする手法です。

実はわたしも、自分で「育てている」魔法があるんです。それは【】。「てにをは」の、を、です。笑

ちゃんと「大きさ」や「形」があって、仕事中に素晴らしく「機能」するんですよ。文字そのものの形とは全然違うんですけどねー

最初はエアバックみたいに丸くてボヨンとしていたんですが、このところ育てているうちに、だんだん色や形が変わってきました。

……すみません、意味不明すぎますよね。笑

この話は後日改めてまとめますので、ぜひ読んでやってください。シンボルを育てるってどういうことなのか、それで何が現実に変わるのかがお分かりいただけると思うので。

CL&SyMは単発のセッションでも承ります。対面・オンラインどちらでもOKですよー。LINEもしくはこちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

【締め切りました】本気でなんとかしたい人限定「自分をカエル🐸未来をカエル」パーソナルサポートマラソン、スタート!

一緒にカエルよ♪

「3ヶ月後、あなたは何がどんなふうになっていたいと思いますか……?」

この質問から始まる継続サポートプログラムを、人数限定で募集します。単発セッションの効果をはるかに越えるスピードとスケールで、あなたあなたの未来を変えてみませんか?

過去にも類似プログラムを提供していた時期があり、当時も

「どどどどん!!て、人生が動いた」「ずっと壊せないと思っていた、凝り固まった塊がパカッと割れた」「こんなことを思っていたんだ、と我ながら驚いた」「深〜いところで考えていることが、形になって現れてくるのが不思議!」etc.

と大変好評をいただいてました。今回はより手厚いサポート体制を整え、装い新たにリリースします。

「人を応援するのが大好き!」なひろかもが、二人三脚でゴールまで一緒に走りますよん。驚きや笑いの絶えないセッション&LINEのやりとりで、どんどん人生が加速していく楽しさを、ぜひ味わってください。

  • 期間は3ヶ月。延長もOKですが、まずは3ヶ月でどこまで変われるかを体感してください。
  • 自分の強みを才能として開花させたい、人間関係を良くしたい、何かを手放したい、思い切って別の道を歩みたい、何でもオッケーです。「次のステージ」へ進みたい人、とにかく「変わりたい」人、歓迎します。そんなあなたを全力で応援し、支えます。
  • クリーンランゲージ&シンボリック・モデリング(CL&SyM)をメインに60分×月イチまたは30分×月2のペースで。初回60分+残り30分×4回もアリ。というか、めちゃお勧め。
  • 言語化がニガテ」「急かされるのがニガテ」な人にピッタリ。あなたに無理な負担がなく、深いレベルからの変容が可能。しかも「何これ楽しーい♪」と大好評です!
  • 基本は「コーチング:あなたが目標を達成するために必要な気づきやモチベーションをサポート」ですが、必要だと思われる場合は「セラピー」や「イメージコンサル」も併用します。追加料金はいただきません(色見本など実費がかかる場合を除く)
  • 対面またはオンラインでのセッションに加え、3ヶ月間は「LINEでのサポートが無制限」でご利用いただけます。セッションで相談するほどでもないけど気になることや、セッションの前後で生じたギモン、自分で気づいたことのシェアなど、お気軽にどうぞ。
  • 3ヶ月間の回数無制限LINEサポート+最大6回の対面またはオンラインセッション(合計180分)=まるっと全部込みで33,000円で承ります。パーソナルコーチングの相場だと、この金額で1ヶ月分だったりします。つまり1ヶ月あたり11,000円は超破格
  • 破格ではありますが、ご存知のように手抜きはナシのガチです。
  • お試しで「30分コーチング5,000円」もご用意しています。続けたい!と思われたら、残額を追加していただくことで3ヶ月サポートに切り替えてご提供します。
  • LINE公式アカウントのクーポンもご利用いただけます。ショップカードポイントも付きます(3ヶ月で3ポイント進呈)
  • このプログラムは、続けることに意味があります。途中でキャンセルされても返金はいたしかねますが、日時の変更は可能です。

超破格につき【先着5名】限定募集。特価は今回限りです。

こちらのプログラム、facebookの個人ページでテスト的に先行募集したところ、あっっと言う間に予定人数のお申し込みをいただきまして。しかも「お試し」の方も全員本コースに継続を希望されたため、この価格での募集は今回が最初で最後、5名さま先着とさせていただきます。「次」はありませんので、この機会をお見逃しなく。

価格破壊したいわけではないので、今後は相場に合わせてスライドさせる予定です。 ただし今回トライしてくださった方には、リピートしていただいた際は当面据え置きでご提供しますね。

お申し込みはLINE公式アカウントより「カエルサポート希望」とお知らせください。募集枠に限りがありますので、お試し抜きの本コーススタートの方を優先させていただきます。あらかじめご了承くださいませ。締め切りました。次回の募集をお待ちください。

友だち追加

今月は「6の年・5の月」どこへでも行けるとしたら、どこにする?

どこへでも行けるよ!

2+0+2+2=【6:ハート・ファーストが合言葉】の年・8月は6+8=14→【5:方向性を選び直すチャンス】の月。5は自由と変化の象徴、五体を巡るエネルギーそのものを表す数です。

1から9まで数字を並べると、5は「ちょうど真ん中」。1=スタートから9=ゴールに向かう、前半と後半の「境目」とも言えますね。

このまま進み続けるか、クルリと向きを変えるか。

ちょっと立ち止まって思案してみませんか?

わたしたちは本来、上のイラストにも書いてあるように【TRAVEL ANYWHERE:どこへでも旅する】存在。たとえコロナやその他の事情で物理的な移動に制限はあっても、ココロまで縛られる必要はないですよね?

「もっと自由になっていいんだよ」と、あなたのエネルギーが内側からそっと、ハートの扉をノックをしているかも。

choose your destination:目的地を選ぼう

そう、5の月は「選べるチャンス」の月でもあるんです!

このままで行くもよし、軌道修正するもよし。あなたのエネルギーが動きたがっている方へ、舵を切って行きましょう。

世の中全般の動きが活発になりやすい今月、つい「自分も早く動かなくちゃ」と焦ってしまうかもしれません。そんな時こそ「5=今ここ」に意識を向けてみて。

特にあなた自身の「個人周期数」と、このブログで取り上げている「世の中全般の周期数」とにギャップがある場合、その折り合いをつけるのに苦心する可能性もあるでしょう。でも大丈夫。

「なんか周りとズレてる気がする……」

それに気づけている時点で、あなたのエネルギーからの「もっと自分の《5=真ん中》にフォーカスして!」というシグナルを受け取っているとも言えるのですから。

エネルギーがどこに向かおうとしているのかを知る方法は、いくつもあります。色やカードを入り口にしてもいいし、もっとダイレクトに「感じる」手法もありますよ。

5のエネルギーは「生きるチカラ」そのものでもあります。パワー不足を感じているなら、この画像をしばし眺めてみるのもオススメですよー🔥

セッションのお問い合わせ・ご予約はLINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。お支払いは、STORESからのオンライン決済もOK!

友だち追加

最近やけに疲れたり、体調を崩しやすいな……と感じていませんか?

禅タロット「火のスート」と「突破」

それ、もしかしたら「エネルギーの使い方」に原因があるかもしれません。

上の画像をパッと見て、どんな風に感じますか?「赤いな」とか「何だか見てると熱くなってきた」という人は、比較的ヘルシーかも。そうじゃなくて、

「見てるとちょっとしんどくなってくる」
「7・9・10あたりのカードが気になる」

という人は、少し時間をとって、自分の身体に意識を向けてみて。

無意識にどこかに力が入っていたり、まっすぐ立ったり座ったりするのが辛かったり、気がつくとため息ばかりついていたりしませんか?

実は最近、周りで「疲れが取れない、体調がなかなか回復しない」というお声をよく聞くんです。特に持病があるわけでもなく、診察を受けても原因が分からない、そういう「お年頃」かもしれないけど、とにかくしんどい……と。

そういう人を禅タロットで「今、何が起きているか?」を観てみると、上のような【赤いカード=火のスート】ばかりが出ることがあります。

火のスートは、あなたの【行動をマスターする】ためのヒント。どんな風に自分のエネルギーを使っているか、あるいはどう使うべきかを垣間見せてくれます。

本来は中央の【THE SOURCE:源】のカードが示すように、わたしたちには内側から湧き出る「行動力」とか「活力」「生命力」と呼ばれるエネルギーがあるはず。

今、とても疲れやすくなっている人は、その源との繋がりが途切れてしまったように感じていたり、あたかも源の火が消えてしまったように思えたりはしていませんか……?

そしてまた、エネルギー=パワフルとは必ずしも限らず、今はもっと「繊細になる」必要があるのかもしれません。限界以上に頑張りすぎて「消耗」しているのかもしれないし、失敗や批判を恐れて「抑圧」している可能性もあります。

もし、病気や怪我など明確な原因があるわけではないのに、調子が今ひとつ上がらない……という人は、一度「火のスート」と対話するセッションを受けてみませんか?

カードを入り口に、あなたの内側で今起きていることと、これから「こうなりたい」と望むビジョンを一緒に解き明かしましょう。その気力もないよ、、という人は、無料LINEカウンセリング付きのメールセッションもご用意しています。

対面またはオンラインでのセッションなら、あなた専用の【THE SOURCE:源】と【源との繋がり方】をモデリングすることも可能です。今は元気だよ! という人も、この機会に確認しておきませんか?

今の状況に【BREAKTHROUGH:突破】をもたらしたいなら、ぜひ。
LINE公式アカウントまたはこちらのフォームよりお気軽にお問い合わせくださいね。

友だち追加