大人だから楽しめる「絵本で秘密のビブリオマンシー」のススメ

絵本で秘密のビブリオマンシーの会

こんなご時世なので、大々的には開催できませんでしたが、この「こじんまり」感がちょうど良かった気がします。ご参加くださった皆さん、会場をお借りした布布(ふふ)さん、ありがとうございました。

ビブリオマンシー(書物占い)は初めて、という方ばかりでしたが、それぞれにご自分なりの楽しみ方を見つけてくださったようです。

途中から占いそっちのけで、ただ絵本に夢中になっていたような……大人になると「自分のために」絵本を読む機会って、なかなかありませんもんね。

わたしも久しぶりにゆーっくり絵本を楽しみました。いいですねえ、こういう時間。いろんな発見もありましたよ。

選んだのは「しんじゅのこ」と「かえるのかさやさん」の2冊。

「しんじゅのこ」は、琵琶湖真珠がテーマの絵本。挟み込んであった小冊子が何度も落ちてくるもんで、読んでみたらこれがまた良いお話で!

「かえるのかさやさん」は、完全にジャケ買いっていうか、まあ「かえる」には弱いもんですから。笑

で、この余白と、ひらがなだけのシンプルな一文にシビレました……! これね、自分の「仕事のやり方」について占った結果ですよ?

いやーーそうですよね!「あめの おとを きくのです。」うん、聞かねば。雨の日には、雨の音を聞くのです。晴れの日と同じことをしても、しかたないのです。笑

絵本ならではの豊かさを、堪能できたひとときでした。これはぜひ、大人の皆さんにこそ楽しんでいただきたいわー

おやつタイムの「ギリシャ文字占い」や「ルーンストーン」でも盛り上がりましたよ。

今回は「文字つながり」でこの二つをご紹介しましたが、また別の占いで遊ぶ会もしてみたいな。

会場の「帽子工房布布と小さな絵本の部屋」さんは、毎週木曜と第2・第4土曜の13:00-16:30、絵本スペースを無料で開放してらっしゃいます。

ビブリオマンシーのやり方もバッチリ覚えてくださったハズ! なので、気になる方はぜひ、お時間の合う時にお出かけくださいねー

もしかして、あなたも勘違いしてませんか? 「禅タロットあるある」トップ3

禅タロットのエースカードたち

最近またポツポツとOSHO禅タロットクラスに、お問い合わせやお申し込みをいただいています。嬉しいなー

初日に「禅タロットの基本構成とエッセンス」についてお伝えするのですが、結構皆さん同じポイントで

「えっ、そうなんですか? 〇〇だと思ってました!」「本当だ、書いてある!」「え、そういう意味だったんだ……」

とビックリされるので、トップ3をご紹介したいと思いまーす!

その1:禅タロットで「占い」は出来ません

そもそも「吉凶を占う」ツールじゃないんですよ、これ。じゃあ何のために使うねん、というと

「今ここ」を映し出し、あなたが「既に知っている」ことを明らかにするため

の「鏡」あるいは「スクリーン」のようなものだと思ってくだされば。

なーんだ、とガッカリされたかもしれませんが、むしろ「今、起きていること」そして「自分が知っていること」がクリアーになるほうが、確実に助けになることも多いはず。

先日もある人が「現在は未来から見れば過去で、しかも『変えられる過去』だ」というツイートをされていて、なるほど! と膝を打ったんですよね。

もしあなたが「今とは違う未来」を手に入れたかったら、一番確実な方法は「今を変えること」なんじゃないでしょうか。たとえ小さな一歩でも、昨日とは違う未来を見据えて動くなら、その意味は小さくないと思うのです。

その2:THE MASTERは「OSHOのカード」ではありません

確かに、絵のモデルは「OSHOと呼ばれた人物」ですけども、違うんですよー。そして時々OSHOを「どこかの禅寺の和尚さん」だと思ってる人もいらっしゃいますが、そうじゃないんですよう。くわしくはリンク先をどうぞ。

【THE MASTER】の解説ページに書いてあるように、このカードのポイントは

自分自身のマスター/自分をマスターすることへの目覚め

にあります。なお、このカードには数字も記号も当てられていません。

小アルカナにも同様のカードがありますが、これらはすべて、実際には「エースカード=1」です。しかし大アルカナには、THE MASTERとは別の【 I EXISTENCE:存在】があります。

1番でもない、通常のタロットデッキには存在しない「余分なカード」が何故あるのか。そして、禅タロットのサブタイトル(これも知らない人多数)

禅の超越ゲーム

とは何を意味するのか。……くわしくは禅タロットクラス・パート1にてお話しています。

その3:雲のスートは「悪いカード」ではありません

お気持ちはよーーく分かりますが。笑

まず大前提として、禅タロットの小アルカナも、伝統的なタロット同様に「4つのスート(組)」を持っており、それぞれの対応は以下の通りです:

火のスート:ワンド(火)
水のスート:カップ(水)
雲のスート:ソード(風)
虹のスート:コインまたはペンタクル(地・土)

つまり、あの「グレイッシュで見るからにイヤ〜な感じのする」雲のカードは、ソード(剣)に相当するんですよ。という説明で、より一層「うへー」と思われたりして。笑

あのですね、お手元に禅タロットの解説もしくはアプリがある人は、どうぞ「雲のエース」である【CONSCIOUSNESS:意識】をご覧ください。雲のスートに限らず、すべての小タロットのエースカード(無印)は、

各スートの「本来あるべき姿」の象徴

なんですよ。雲のスートはわたしたちが「意識」的でない時に「つい見てしまうドラマ」の番組表みたいなものです。

もしTVをつけて、見たくもないドラマが映っていたとしたら?

すぐにチャンネルを変えるか、TVを消して、何かもっと他の楽しいことを探そうとしませんか?

「雲のカード」は、あなたが現在進行形で「人生の中で見ているドラマ」を教えてくれます。そのまま「うへー」と言いながら見続けるか、それとも……

《おまけ》雲のカードがやたら出る時は

絵面は「サイアクー」って感じに見えますが(笑)実はこれ、

あなたが思うほど、深刻に受け止める必要はないですよ

というサインなんです。だって「雲=実態のないドラマ」なんだもん。ちなみにこの説明は、ちゃーんと解説書に書いてあります。みんな、読もうよ。笑

一枚一枚が深い! と感嘆されるOSHO禅タロット。
あなたもこの夏、基礎からじっくり学んでみませんか?

対面・オンラインクラスとも、1名より随時開講OK。各5時間の4つのパートは単発受講や2.5h×2回の分割受講も可能です。お問い合わせ・お申し込みは、こちらの対面専用オンライン専用フォームよりどうぞ。

毎月盛り上がってます!現代数秘グループレッスン

現代数秘グループレッスンでの一コマ

スタジオ・アッシュ主催の講座[現代数秘・ピュタゴラスチャート・OSHO禅タロット]には、それぞれ修了後にご招待している「非公開のFacebookグループ」があります。

グループ内では「質疑応答」はもちろん、学んだことに関するシェアなども自由にしていただいています。また、zoomを使ったオンラインでの「無料練習会」や「格安勉強会」も行っていますよー

特に現代数秘のグループが一番活発で、こちらは月1回のグループレッスンを定期開催しています。参加費は60分で1,500円と超リーズナブル! お得な「年間パスポート」制度もあります。

ピュタゴラスチャートや禅タロットのグループのほうは、今のところ不定期開催です。基本わたしは「求められると喜んで応じる」タイプなので、遠慮せずリクエストしていただけると嬉しいでーす♡

ちなみに現代数秘のグループレッスンのテーマは、毎回月替わりです。例えば今年に入ってからだと、

1月:数のシンボルの理解を深める[4・5・6]
2月:数のシンボルの理解を深める[7・8・9]
3月:グループでの模擬セッション
4月:グループでの模擬セッション
5月:質問のアレンジテクニック
6月:数秘を使ったリフレーミング
7月:数のシンボルの理解を深める[11・22]

こんな感じで、毎回ワイワイ盛り上がっております。数秘そのものの探究、セッションの組み立て方、集客に役立つノウハウなどなど、さまざまなテーマを取り上げていますよん。

ベーシックを修了したばかりの人も、何年も前にアドバンスを終え、既に有料でセッションを提供している人も、皆さん楽しく参加してくださってます。毎月参加してくれる人、数年ぶりにひょこっと参加してくれる人、どなたも心からウエルカムです!

そうそう、グループレッスンは録画して後で見直していただけるようにしています(30日間限定)。途中でwifiが切れちゃったり、リアルタイムでは参加できない時もご安心くださいね。

占星術やタロットを学ぶ人たちからも「数秘を知っているとすごく役に立つ!」とご好評をいただいています。この夏、あなたもわたしたちの仲間に入りませんか? 対面/オンラインとも1名さまより随時開講OKです。お気軽にお問い合わせくださいね。

ジオマンシー、こんな感じで占ってます【動画アリ】

ジオマンシーでゲリラLIVE on Facebook

「ジオマンシー」で検索すれば、サイトや本にも「やり方」は載っています。が、百聞は一見に如かず。見ればそのカンタンさに、あなたもすぐやりたくなっちゃうこと請け合いです☆

【用意していただくもの】
・コイン1枚
・紙とペン(サインペン、フェルトペンがお勧め)
・あなたが聞いてみたい質問

ちなみに「画面共有」は結局やっておりません(笑)ので、シンボルの一覧表はこちらの記事でご確認くださいね。

コインを使った占い方は、3:45くらいから説明しています。その後10:10くらいからダイス(サイコロ)を使う方法、さらに11:20くらいから紙とペンを使う方法を解説してますので、お好みのやり方で遊んでみてください。

なお、お題をいただいてのデモセッションは、すべて「アラビアン・ジオマンシーカード」を使っております。今回はコメントを見ながら、おしゃべりしながらなので落ち着きがありませんが、実際のセッションの時はもっとしっとりと……

ウソです。

特にジオマンシーのセッションはこんな感じで、朗らかにやっております。笑

あ、シンボルの解説はもっと丁寧にやってますよ@セッション。またこのLIVEでは「1枚引き」でやってますが、3〜12枚使うスプレッド(展開法)や、カードではなく「チャート」を使うフルセッションもテーマによって使い分けてまーす!

個人セッションは、対面またはオンラインにて承ります[30分4,500円/60分8,500円]ご予約可能な日時は、こちらのページにてご確認くださいませ。

禅タロットからの「招待」を受けていると感じたら、勇気を出して一歩前へ。

禅タロットクラス修了おめでとう!

本日、OSHO禅タロット・オンラインクラスが無事終了しました。のべ20時間のオンライン受講、お疲れさまでした!

最終日の今日は、午後から修了生の皆さんが3人もヘルパーに入ってくださって、オブザーバーセッションやグループセッションの練習も出来、楽しく充実したクラスとなりました。ご協力に感謝いたします。

今回受講してくださったMさんは、ゆくゆくはプロとして禅タロットを使っていきたいとのこと。毎回お昼をはさんで5時間、週イチとはいえ4週連続での受講はなかなかハードだったと思います。本当によく頑張られました。

禅タロットは、その独特の世界観と表現から「読むのがむずかしい」とよく言われます。しっかりした解説書が付属してはいるのですが、その解説書の文章が「よく分からない」というお声も。

なのでわたしのクラスでは、全体の枠組みから始まって、カード一枚一枚の「要点」を押さえていきます。と同時に、まずは禅タロットというカードを「入り口」に、あなた自身の内側を旅するという体験も。

禅タロットをマスターするコツは、実際に「内側で何が起きるのか」を体験すること。

体験して初めて「ああ、そういうことか!」と理解できるカードも沢山あるでしょう。別の言い方をするなら、体験なしに解説書を丸暗記したとしても、禅タロットを「読む」のはむずかしいのです。

その上で、どうしても欠かせないのが

複数のカードを「クライアント」に関連づけて、紐解いてゆくスキル。

まずね、ほとんどの方がクライアントじゃなくて「カード」を見ちゃう。そして「勝手に」読んじゃう。むしろそれこそが「リーディング」だと誤解していらっしゃる。

だから「むずかしい」んですよ。そうじゃないんです。

この辺りはクラスで丁寧にお伝えしていますが、ここで言う「クライアントに関連づける」という感覚をつかめてくると、セッションの質がグッと上がりますよ。「沈黙」がいかに良い仕事をするか、を理解することも重要です。

「むずかしい」という思い込みを手放し、マスターする喜びを。

うちのクラスには「数年越し」で独習して来られた方が、何人も参加してくださってますよ。「ずっとカンチガイしてました」「目からウロコです!」と、驚きとお喜びの声をたくさん頂戴しています。

あなたも禅タロットからの「招待」を受けていると感じたら、ぜひためらわずに一歩踏み出してください。0: THE FOOL のように。

対面・オンラインともお一人から随時開講します。修了後はFacebook内の非公開グループにて、質疑応答や他の修了生の皆さんとの交流も楽しんでいただけますよ。まずはお気軽に、こちらのフォームよりお問い合わせください。

天空と地上の星座コラボ!シンデレラたちの秘密会議レポ

シンデレラたちの秘密会議資料

三連休の初日、マーリ+みっちゃん+ひろかもトリオによる恒例のコラボWSが開催されました。2021年第1弾となる「自ら輝き、お城を建てたいシンデレラたちの秘密会議」にお集まりいただいたシンデレラの皆さま、ありがとうございました。

このWS、あまりの人気に1/30にも追加開催が決定しておりますので(大感謝!)ネタバレにならない程度に、ちょこっとレポートを……

今回は「自ら」という【能動性】が非常ーーに重要なポイントになっております。だもんで、これまで開催したどのWSよりも「自分で考え、自分で見つける」ためのワーク構成になってます。

何度かペアを替えて取り組んでもらうんですが、ワークが終わるたびに皆さんの顔がピカピカ輝いてくるんですよ。そしてブレイクアウトルーム(ペアワーク用の小部屋)からの戻りが遅くなる!笑

ワークの後、シンデレラ一人ひとりに「一言」いただいた時の、清々しいこと。あんなに全員がピシッとコンパクトにシェアしてくださるWSって、そうそうないんじゃなかろうか。しかもまあ、いーい笑顔なんですよ。皆さん。

ひろかもはWSのラストに、不思議な点々「ジオマンシー」の入門編をレクチャーさせていただきました。「風の時代」に「土占い」っていうのもアレかしら、と思ったりもしたけれど(笑)このジオマンシーで用いられる16のシンボルは「地上の星座」とも呼ばれているんですよー☆

詳しくはWSの時にご説明しますが、点々を繋ぐと、虹やスプーン、交差点といった「星座」さながらに色んなカタチが浮かび上がるんです。面白いでしょ?

今回のメインである「太陽星座」は天空の星、ジオマンシーは地上の星。天と地の星座のコラボWSでもあるんですよねー。そして生まれた日付や時刻をもとに観る「命占」である占星術と、偶然性を用いる「卜占」であるジオマンシーとの組み合わせ、という見方もできます。一粒で二度美味しい的な。笑

タイトルにある「自ら輝く」=あなたの太陽を生きる、ということ。これまでのように、ただ「情報を受け取る」だけで終わってるのはもったいない! だから「自分で考え、自分で見つける」トレーニングとして、今回の「質問リスト」や「ジオマンシー」をどんどん活用していただければと思います。

30日も既にキャンセル待ちが数名いらっしゃるとのこと、ありがとうございます。4年目に入ったこのトリオ企画、今後ともどうぞお見逃しなく!(てか、わたしの告知がいつも遅くて申し訳ありません!TwitterとかFacebookも良かったらフォローしてくださーい)

「何か特別な能力」がなくても、数を通して「視えてくる」ようになりますよー

特別な能力がなくても、数を通して視えてくる

この秋は「数秘クラス」ラッシュ(と言ってもマンツーマンなので、まったりラッシュですが)が起きています。11月だけでのべ8回の講座+2回のグループレッスンの開講が決定済み。学びの秋ですなあ。

ある受講生さんがお申し込みの際に、こんなコメントを寄せてくださってました。

こうしたことは「何か特別な能力」が必要なのではと思っていました。ですが「学ぶ」ことで得られるなら……私も学んでみたい。

はい、得られます。いきなり断言しちゃうけど、ちゃんとそれぞれの「数のシンボル」を理解出来れば、チャートを見ただけで「どんな人か」視えてくる感覚はつかめると思います。実際、先日オンラインでのベーシッククラスを修了した方が、

「なんか結構、視えてきました」

とワクワクしながらおっしゃってました。どう「視えてくる」かはおそらく個人差があると思うのですが、レッスンを受けてもさっぱりイメージが湧かない……という人には今のところ、お会いしたことはないです。

いわゆる「透視」ではないけれど、それでも数秘のレッスンやセッション中に

「……どこかで見てたんですか!?」

というセリフは数え切れないくらい聞きましたよ。笑

もっとも、同じ数字を持つ=同じようなタイプになるとは限らないけれど(一つの数にも様々な意味があり、その影響も過剰に出たり、逆に不足しているケースもあるので)その辺はやっぱり経験を積むことで磨かれてくるんじゃないかと思います。

また数のシンボルの「バリエーション」を知ることで、いろんな価値観に触れることが出来るのも、数秘を「学ぶ」大きなメリットじゃないかなー。若さゆえに未知の領域が広い人も、年齢を重ねたゆえに「おなじみのパターン」をつい繰り返しちゃう人も、自分とは違うタイプの数からヒントをもらえたり、持ってる数の「本来の質」を知ることで、ラクに軌道修正が出来たりするんですよね。

まだ「練習中」の人でも、お友だち相手のセッションでお相手から

「すごく参考になった」「なんだかホッとした」「自信が持てた」etc.

のようなフィードバックをもらったよーとのご報告を多数いただいてます。「セッション」自体が初めての人でも、ちゃんと成立してはりますよ。だいじょうぶ!

数を通して《その人》が視えてくる」ことに興味があるなら、あなたもぜひお仲間に加わってくださいね。対面/オンラインとも1名さまより随時開講OKです!

偶然とは思えないパワフルさ。恐るべし、OSHO禅タロット!

禅タロット対面クラスにて

週明けの二日間、久しぶりの対面での禅タロットクラスでした。

「三密」を避けるために、この春からはマンツーマンを基本に開講しているため、以前より一層「内容は高密度」に。時間の許す限り実践あるのみ!でやってます。

練習時のお題もガチ。「練習だから、なるべく軽めのやつでね〜」と言っておいても、結局は核心に触れざるを得ない。というカードが容赦なく出るもんだから、まあ高密度になるのは仕方ないんです。個人セッション何回分になるかなー。そう考えると、めっちゃコスパいいですね。笑

そして「核心に触れる」がゆえに、必要とあらば何度でも同じカードが出ます。上の写真の【INNOCENCE:無垢】を除く4枚は、通算何回出たっけ?と言うほど、よく登場しました。で、この2日間を1枚にまとめるなら【INNOCENCE:無垢】だねー、という感じ。

大アルカナの19番(太陽)にあたるこのカードは、伝統的には「無邪気な裸の子どもが馬に乗ってバンザイしている」絵柄で表現されることが多いのですが、禅タロットでは「まるで無邪気な子ども《のように》カマキリに話しかける、老いた賢者」の姿が描かれています──満開の花の下で。彼は決して「何も知らない」という意味の無垢ではありません。長く白い髭は、重ねてきた経験値の豊かさを思わせます。

ちなみに下の【PAST LIVES:過去生】というカードは、18番・月に該当します。このカードも味わい深くてねえ、わたしたちがいかに「無意識に繰り返して来たか」にハッと気づかせてくれる一枚です。この2枚だけでなく、今回は大アルカナがよく出たなあ。それだけ受講されたご本人にとって、重要なタイミングだったのでしょう。

ひろかもさま

前回の講座に引き続き、今回も楽しい時間を本当にありがとうございました。

前回よりもさらにカードの深みを体験し、ますますこのカードが面白くなりました。そんな体験ができたのも、ひろかもさんが寛げる空間を創ってくださったからだと思います。

おかげで、私は安心してカードのメッセージを受け取り、自分を見つめ直すことができました。

練習材料にふさわしいレイアウトが出て来たり、この2日間を通して、私に執拗に(?)訴えかけるように、ずっと同じカードが出たりと、偶然とは思えないこのカードのパワフルさにも驚きました。恐るべし、OSHO禅タロット!

私の質問にも、具体的な例でわかりやすく教えてくださったり、実際に私に体験させることで答えてくださって、ありがとうございました。

ひろかもさんのガイドがあって、紐解くように明らかになったことがたくさんありました。

カードに接すれば接するほど、好きになっていきます。次は、このカード愛を誰かに伝えていく番ですね。これからもしっかり練習しようと思います。

ひろかもさんに教えていただいて、本当によかったです。どうもありがとうございました。

ブログへの転載をご快諾いただき、ありがとうございました。この二日間をきっかけに、ご自身の内なる源:THE SOURSEとのつながりが、再び強固なものとなりますように!

あなたも基礎からじっくりと、マンツーマンで禅タロットを学んでみませんか? 対面/オンラインとも随時開講OK!くわしくは《こちら

「土星部長」は、安心して部下に任せたい。

水星+土星のベストバランス

今日は、キャンセル待ちが出て追加開催を決めた「水星+土星オンラインWS」の日でした。全国からご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。また平日にもかかわらず、今回も前回を上回るキャンセル待ちの方がいらしたとのこと……本当にありがとうございます! そしてお席がご用意できず、申し訳ありませんでした。

WS終了後にマーリ&みっちゃんの3人で軽くミーティングしまして、冬にまた別の形でやりたいねーという話になりました。少ーし先の話ではありますが、楽しみにお待ちいただければ嬉しいです。詳細が決まり次第、すぐお知らせしますね。

でね、次回もやっぱり「土星がカギだよね。」と。今回のWSでも何度もマーリちゃんが強調していましたが、太陽星座=あなたがこの人生でやりたいことを実現するには、もちろん水星も(どの惑星も)欠かせないけれど、

土星が使えている=自分を信じられていることが、大前提。

WSでお伝えした「12星座別・土星の求める安心ポイント」が「現実レベルで実感」出来ている状態があってはじめて、よし!やるぜ!と立ち上がれるんですよね。

しばしば占星術における土星に「制限」とか「重くのしかかる」イメージを抱く人は少なくなく、前回も今回も最後のシェアの時間に、

「土星って怖いものっていうイメージでしたが、違うんですね」「もっと自分の土星を安心させて、仲良くやっていこうと思います」

といったご感想を、何人ものかたからいただきました。WS中にマーリちゃんが「水星と土星」の関係を「有能な部下と頼れる上司」に喩えて説明してくれたのが、分かりやすい!と好評でした。そうなんです、

土星部長を安心させれば、部下だってもっと働きやすくなる。

今回は「情報」や「コミュニケーション」を司る水星が部下でしたが、金星や木星とかでも同じ構図になるんじゃないのかなー。その辺りはまた、次回に向けてのミーティングでマーリ先生に確認しておきます!

ちなみにわたしは「土星・牡羊座」なので「ひらめいたことが即実行できる」とか「自分の意思をちゃんと主張できる」ような《場》が必要なタイプ。個人事業主なので、自分が思いついたタイミングですぐSNSを通じて発信できるという今のスタイルは、図らずもウチの「土星部長」の意向に沿っていたんですねえ。

マーリちゃん曰く、今年は冬至(12/22)の「水瓶座での木星+土星のグレート・コンジャンクション=200年に一度のグレート・ミューテーション」を皮切りに、ますます「個人が生きたいように生きる」時代へと加速して行くとのこと。あなたの「土星部長」との信頼関係が、さらにさらに重要になりそうですね。

「わたしの土星部長はどこに?」というあなたは、マーリちゃんのブログへゴー! 土星以外の星についての情報もたっぷりありますよー