「この歳から、もう回り道したくない!」というあなたへ。

だから「今からどの道を通るか」が大事なんです。

先日「あなたの新年のアファメーション、もしかして逆効果になってない!?」というブログを書きました。

実はあの「アファメーション」という言葉を自己啓発の一環として広く世に知らしめたのは、アメリカの心理学者でコーチのルー・タイス。この本の原題は〈SMART TALK〉といい、彼のメソッドは世界60カ国以上に提供されています。

改めて読んでみた今、声を大にしてお伝えしたいのは、アファメーションの「言葉選び」はとても大事だけど

その「後」の「刷り込み」はもっと大事!!!

ってことです。ぶっちゃけ、どれほどお作法的に完璧なアファメーションを作っても、その後の脳へのプログラミング=刷り込みが不完全だと、

  • エフィカシー(自己効力感=自ら望みを実現できるという感覚)が不十分
  • 「結果」を恐れて行動できない、もしくは途中で止めてしまう
  • 「結果=フィードバック」を受け取らないので、必要な軌道修正が出来ない

で、ますます負のプログラミングが強化されるというループが生まれてしまうんですね。。アファメーション=ポジティブな言葉を自分にかける《だけ》じゃない。むしろ入り口にすぎない、と思っていた方がいいと思います。

書籍の帯コピーには「世界一簡単に自分を変える〜」とありましたが、この「簡単」はシンプルではあるけどイージー(楽)ではない、というのがミソ。

昨秋から継続プログラム(カエル🐸サポート)を推してるのは、ひとえに続ける必要があるからに他なりません。そして数秘やメタファー(シンボリック・モデリング)を使うのは、

怖くて動けない人たちを、無理なくサポートしたいから。

実はこの本で個人的に一番ヒットしたのは、コンフォートゾーン(=慣れ親しんだ状態)を【広げる】という視点なんです。

巷では「変わりたければ、コンフォートゾーン《から出る》必要がある」と言われますが、それってエフィカシーが不十分だと恐怖以外の何モノでもなくて、ますます「出られない自分」を責めたくなりません?

ちなみにこの「エフィカシー:自己効力感=自ら望みを実現できるという感覚」が高くなると、数秘でいう8=成功法則を、それこそイージーに使いこなせるようになっていきますよ。

なので結局のところ、

大丈夫、わたしにも出来る。と信じられる

ようになるのが先なんですね。ここを置いてきぼりにしたまま、前向きに積極的に!がしんどいのは当たり前ですって。

少しずつ、少しずつね、「大丈夫」の範囲を広げていく。

最初はあなたが「持っている好ましいもの=リソース」をまず発展させる。その結果、エフィカシーが自然と育まれる。

そうすると当初は「ムリ、出来ない」と思ってたラインを、いつの間にか軽々と超えてたりするんです。この半年間のカエル🐸サポートだけでも20人近くものカエルさんたちが、じわじわとコンフォートゾーンを広げ、ジャンプしていかれました♪

「自分をカエル」のって、階段みたいな感じなんじゃないかなーと思います。「だんだん」元気になっていく。自分は出来るという感覚の、ステージが上がっていく。

まずは本当の意味で「コンフォート=心地良い」ゾーンを見つけてみませんか? そしてそこから、

あなたが安心できる道を、通っていきましょう。

エフィカシーを育てるプロセスは、この先あなたが望む未来すべての土台となります。それは決して「回り道」ではないと思いますよ。

カエルサポートのお問い合わせ・お申し込みはLINE公式アカウントよりお願いします。今なら5500円のセッションが1回無料で追加されるお得なキャンペーン中です!

友だち追加